隙間のーと
ゲームとかの感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 黄雷のガクトゥーン」応援中です
< このブログはライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >


※リンク先は18禁サイトになります

スチームパンクシリーズの最新作は巨大学園モノ!
学園都市って言葉だけでもなんだかすごくわくわくしてしまうよね!ってことで応援中です。

(発売日である12月21日までこの記事が一番上に表示されます)

スポンサーサイト
記事の下書きばかりが増えていく
ちょっと時間遡ったマジェプリの感想をアップしました。

最近マジで趣味がアニメ中心(でもワンシーズンで3本くらいが限度のぬるさ)。
自分のホームがエロゲ(+厨二)ってわけでもないんですが、何か自分に違和感…。

エロゲーは積み過ぎて新作買うのはセーブしてる感じです。
ちょっと気になる作品も「買わない理由」を探してしまってる状態でなんだか楽しくないので、
積みゲー減らしてまた戦線復帰したい。

そんな中でも一応購入検討中は
ガクトゥーンのFDと、
lightの正田さんチームの新作と、
『ガールズbeアンビシャス!』の3本くらい?

ガクトゥーンは相変わらず、まず本編崩せ、という。
ノベルアンソロジーは買ったし、ドラマCDも買ってある、周辺展開フォローに抜かりは無いけど本編やってないよ状態。
なんか7月もやるの無理そう…。

正田さんチームのは、個人的に「文章のノリも絵も音楽も好き!でも後から後から設定がどんどん苦手なものになってる!」という、非常にしょっぱい状態に神座万象シリーズ?ではなっていたので、
完全新作というところに期待してた。
でも雑誌で見た初報では思ったよりピンと来なかったんで続報待ち。
さすがにこれで合わなかったらこのチームの作品をやるのは諦める。
って、そもそも「世界観の違う完全新作」って話がマジなのかどうかから見極めなきゃですが。

あらすじの導入が『ハピメア』と似ててふいた。(ツイッターだったかで正田さん本人が気にしてたのコレか!と)

『ガールズbeアンビシャス!』は、群像劇っぽくて男子が馬鹿やってそうなエロゲが好きなんで初報で気になってて、でもあんまり「セレブ」と「庶民」ていキャッチフレーズには惹かれないので何か注目点を間違ってる気がしてる。
でも髪型・服装チェンジモードとか縞パンモードとか、そういう試みは楽しそうだなーと。(特に後者が男子にも適用される馬鹿っぽさ)
自分はエロゲは、ヒロイン攻略したいと思うのが前提で、更に他の要素が気になって買う、という感じなんだけど、最初の「ヒロイン攻略したい」、ってのががいまの所あんまり無いので…。

あと、こういう学校の体制に反旗っていうのは、場合によっては「主人公達の言ってる事の方がおかしい」って感じることもままあるし…。

とりあえず、体験版やってみろよ!って話ですな。

別の作品とかでの話だけど、主人公が学校の体制批判する話だと、「じゃあお前その学校最初から入るなよ(入らざるおえない事情が無いなら)」という、身も蓋もないことを思ったりするつまんないやつです。

あ、でも『はるはろ!!』はいつまでだって待ってる…。

なんかネガなことばっか書いてるなぁ。
マジェプリ12話とBD1巻の簡易感想
マジェプリ12話が私的神回過ぎて萌え転がった。


…気が付いたら今期観てる中で一番楽しみになってるアニメになってました。
そんなんで、BD1巻が出たので買って来ましたよー。

元々買うならアマゾンのつもりだったのに、予想外に本編のザンネン5が可愛いいもんで、
特定の店舗で4巻まで買うと貰える声優さんの座談会CDが気になりだし、
急遽店舗買いに変更し、先週土曜日に友人巻き込んで秋葉原で買ってきました。
迷いに迷いまくった末、全巻購入特典の描き下ろしイラストにザンネン5揃っているメイトにした。
オーフェンの無謀編新装版のマラソンが終わると思ったら、新たなマラソンスタートです…。

私、常々友人に「割引の無いメイトでBDやDVDを全巻買う人は凄いよー勇者だよー」って口にしてたものだから、
友人から「これで勇者だね!」って言われました。
ブーメランが帰ってきた。
別に馬鹿にして言ってた訳ではなくて、自分が普段は特典が欲しくとも値段を取ってしまうタイプだから、
羨望の意味で使ってたんでブーメランとはまた違うか。
でも、出費予定が狂うから買うまでは悩んでたけど、買った後はむしろ「2巻まだか!」みたいな気分になっていた(笑)

そんなこんなで12話と、BD1巻についてとかの感想。
長くなるので畳みます。
1話DC版はまだ観れてないんで、BDについてはそれ以外、ブックレットとドラマCDのネタバレ含む感じです。

続きを読む
ガルガンティアの6話とか
BD-BOX1巻の発売延期を知って、
アニメのTV放送時に「そこそこのクオリティで安定してる」のと、
「クオリティ高いけどそれを維持できず、時折一部が激しく崩れる。BDで修正される。」のと、
どっちがいいんだろうな、とか思ったりした。
TV放送だけで十分なら前者だし、BDとか買うには後者なのかな。


そんなガルガンティア、
放送前の無料配布BDからTV放送時にめっちゃ細かい修正(元々遜色ないものを更に修正)が有ったって聞いてたし、
そんなに遜色無いと思った5話を公式が修正するって聞いた時は余裕有るなぁって思ったけど、
全然無いんですな…。

で、6話は本当に「いきなりどうした」って感じで、踊りのシーンの作画が残念なことに。
印象的なシーンのはずなのに勿体無い。

話自体も「お祭り」って台詞が出るだけで、全然お祭りっぽい雰囲気が無くって、
いきなり楽しんで終わった風になってたのも残念だった。一応まだ続いてるのかな?
メッセンジャー3人娘の踊りも、たぶんお祭りの行事だったんだろうけど、
単に「メッセンジャーの仕事の他にステージで踊り子の仕事もしてる」って感じに見えちゃったしなぁ。

4話以降、お仕事探しで気持ちがすれ違ってたレドとチェインバー(厳密にはチェインバーには人格無いんだけど)が、
やっと2人で協力することに落ち着いてよかったなーとか、その辺の描写が丁寧なのはいんだけど、
さすがにちょっと「レドくんのお仕事探し」展開に飽きてきたので、
今回の引きで、今後の後半に向けての展開に期待。

っていうかレドは給料余るって言ってたけど、修理代は返してても余るのか、もう返せたのか。
今観てるアニメの簡易感想
結局10日も更新してないし。
ゲームとかの感想ブログ、と称してますが、最近アニメが趣味の主軸になってます。
一時期全くTVアニメ観なくてゲームばっかりで、
ここ数年は一期につき1~2作品は観たり観なかったりだったんですが、
ここに来て完全にアニメ主軸に。

来年の春からまた環境変わって多分アニメをリアルタイムで追いにくくなりそうなので、
まあ楽しめるんなら楽しんでおこうかなと。


で、4月から視聴中のアニメが
『翠星のガルガンティア』
『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』
『宇宙戦艦ヤマト2199』
の3本で、
SFで宇宙戦争で人類がヤバイばっかりで、
自ら苦手ジャンルに突っ込んでる気がしないでもない。

って感じでしたが、
更に今月に入って『進撃の巨人』の録画の消化も始めました。
これも人類ヤバイだよ!完全に自分に追い討ち。
そもそも巨人は製作も4話からヤバイみたいですが…。2クールなのに大丈夫なんか…。


人類劣勢設定でも、
ガルガンティアは今の所それは主人公レドのバックボーンで、
話としては「異文化交流頑張るレドくんを見守るアニメ」だからとても楽しいけれども。
どんでん返しが怖いような、かといって「ギャップのためだからってヒディアーズとか人類銀河同盟とかの悲惨な設定要らなかったんじゃね?」状態だったらそれはそれで困惑するような…。

マジェプリは単純に「ザンネン5」が可愛い可愛いという感じで。
あと、自分が正統派ロボアニメを観るの久々なので毎週ワクワク。
主人公側のSFらしい設定(若干レトロ)に慣れた所で、
ようやくお目見えし始めた未知の敵の幹部のファンタジーっぽいキャラデザのギャップに、
先に公式サイトで見て知っていても「キタコレ!」となった。

平井久司さんキャラデザのアニメは、観てた作品に限って、
毎週本編で胃が痛くなったり、ネットで臓腑を抉られる思いをしたので、ここ何年も観るのを避けてたんですが、
去年の冬コミの企業ブースでたまたまPV見たら「なんか楽しそう」って思ってて、
気づいたら今期一番の楽しみにしてました。
平井キャラの生き生きした表情はやっぱいいなぁと。
今回、鼻筋を長く描かずに影だけで鼻を表現してるのに加えて口の位置が低いので、横顔以外だと、鼻が眼の間すぐ下に有って口との間が凄く開いてる様に見えるのが時々どうしても気になるけど…。


ヤマトはオリジナル版は未視聴。
昔けっこう有った「アニメの最終回を紹介する特番」とかで幼少時に見て、
終盤かなり悲惨だったような記憶があるのを見始めてから気づく始末。
でも今の所展開がサクサク進んで、描写が淡白気味なので、そんなに感情を持ってかれることもなさそうかなぁ。

1話の古代と島のやりとりがノリ軽くて、ついでに行動も超軽率で、
戦時特進とはいえ「こんなんが戦術長と航海長で本当にいいのか!?」と2話で思いました。
いや、「若いからバカやっちゃう」とかは全然アリだと思うけど、
新型機勝手に乗って駄目にするとかちょっとシャレにならないだろうと。
資源に余裕無さそうなのに航空隊の人からの鉄拳制裁だけでよく済んだなぁなどという感想を持ちました。
地上で擬装したヤマトを見せる狙いがあったんだろうけど。
っていうか地球大変な事になってる割に地下の生活余裕有りそうだなーとか。

その辺も有って、オリジナル版がどのくらいの話数だったかは知らないんですが、
知っている人の話だと3話までの展開が超早いらしいし、全26話に圧縮するんで色々カットされてるのかな、
って感じる。

ちなみに職場の上司の方々が世代なので、オリジナル版で誰がいつ戦死しただのネタバレ飛び交うトークしてるのを、「聞こえない~!」と念じながら過ごしてます。
ついでに、先に劇場公開されてる作品だから仕方ないんだけど、TV放送内で、先の話のBDのCM流れてるから、
若干この先のネタバレをされてる気がするTV版新規視聴層な自分。


んで、
『進撃の巨人』
コミックスの出始めに話題になってた頃に1巻試し読みみたいなのを読んで、
「うん、面白そうだけど無理☆」ってなったんですが、
評判いいからその後も気になってはいて。
アニメ版は録りためて、観るか観ないか迷ったんですが、
「OPがカッコイイ」って話を聴いて録画を観て、視聴続けることに。
OPぐりぐり動きまくりなのが凄くよいですね!
まだ1話しか観てないんですが、原作の線だと本当に恐ろしくて気持ち悪くて仕方なかった巨人が、
アニメになるとキモさが若干軽減されてるように感じて、これなら見続けられそうかな…って。

ちなみに幼少エレンの声が梶さんて気づかなくてちょっとびっくりした。
最近旬の人なので声を聴く機会多かったし、エレン役ってのPVで知ってたのに忘れてたしで、
EDクレジットでちょっとびっくりした。
青年時が男性声優さんだと幼少時は女性声優さんなこと多いし。


BDマラソンはこのままだとガルガンティアとマジェプリでやりそう…。
マジェプリは1話がDC版だとか、ドラマCD付きだとかが気になり。
何より初回版特典付きと通常版で値段変わらないんなら初回版買っておいた方がいいんじゃ…みたいな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。